ホーム > 未分類 > ThinkPad X200s CTOがやってきた(だいぶ前に)

ThinkPad X200s CTOがやってきた(だいぶ前に)

 

X200タブレットを使っているのだが、重くて大きいところが気に入らなかった。

そこで軽量コンパクトなX200sと組み合わせて使えば便利なんじゃないかと思い導入してみた。

レノボジャパンが決算で22%offをやっていたというのも動機としてある。

レノボって12月末決算なんだね。

 

今回のCTOで残念だったのは(いきなりこれか!)、Wimaxと内蔵カメラが選択できなかったこと。

カメラの代わりにWXGA+液晶を選択し、WIMAXは後から内蔵することにした。

 

いつも思うんだけど、レノボの梱包ってマニア心をくすぐる。

今回は発注から21日目に到着。

 

注文時に悩んだのがバッテリー。

カタログページやwebでの情報が少なすぎますね。

装着時の大きさや重量がわかんない。

写真は4セルバッテリー。とても軽いPCだ。

 

では、情報が少ない4セルと6セルバッテリーの比較。

取り付けた状態だと6セルは結構重い。

しかし鞄からの出し入れ時にバッテリーの出っ張りをつかめるので良い。

4セルは軽くて軽快。やはり一長一短でどちらともいえない。

両方買って正解だった。

 

X200sとX200Tabletの比較。(左側がX200s)

 

下がX200Tablet(8セルバッテリー)

かなりコンパクトになっている。

これなら一番小さな鞄にもおさまりそうだ。

 

ポート類はUSBが2スロットに減ったくらいの違い。(これが結構不便なんだけど)

 

キーボード廻りはかなり異なる。

パームレストの角はご覧の通り。

X200sは手にやさしいが、X200Tabletの方は無骨な「業務用」感があふれてる。

 

キーボードとトラックポイントのクリック感も全く異なる。

X200Tabletのキーボードとクリックは「バタバタ」といった感じで、音も「バタバタ」。

しかし、X200sのキーボードは上品で普通。

 

図書館で使うときなんか気になりましたからね。X200Tabletは。

X200sを買ってよかったよかった。(と自分に言い聞かせる)

 

裏を見てみよう。

X200Tabletのバッテリーがへんてこなくらいで、大きな違いはない。

 

大きな違いといえば液晶の視野角。

X200Tabletは視野角が広い。

これは隣の人に画面を見せたりする際に便利で快適。

一方のX200sは正面以外で非常に見づらい。

 

あと、内蔵スピーカーがX200sはモノラル。

その代わりX200Tabletにキーボードライトはつかない。

ここも一長一短。

 

 

本体の厚さを比べてみよう。

数値で言うとX200sの方が薄いわけだが、実際にはこんな感じ。

ほとんど同じだ。

 

この違いは液晶の厚みによるところが大きい。

タブレットを内蔵したX200Tabletに対して、X200sはLEDバックライト仕様を選んだので

標準仕様のX200sよりも液晶が薄い。

それでもこのくらいしか違わない。

奥行きの違いの方がメリット多いね。

早速HDDをSSDと交換し、無線モジュールもIntel5150にしたので次回はそちら。

 

広告
カテゴリー:未分類
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。