ホーム > 自動車 > 普段使っている物について調べてみた

普段使っている物について調べてみた

いつも買っているガソリン、いつも入れているエンジンオイル、いつも買っているものについて、そのメーカーサイトで調べてみた。

1:ガソリン

普段は昭和シェル石油系列のガソリンスタンドで買っている。

最近はまともなハイオクが手に入らないので、安心して購入できる店を見つけておくことは重要。

さて、そんな昭和シェル石油のハイオクは「シェルピューラ」だ。

キャプチャ

自称 「清浄効果が最も高いガソリン」 らしい。

清浄効果と言えば新日本石油精製のガソリンを思い浮かべてしまうが、これはテレビの影響か。

エンジン内がきれいになることにより、本来のパワーと環境性能を取り戻すというのが売りらしい。

 

2:エンジンオイル

今使っている車がわがままで、特定のオイルでないとターボチャージャからお漏らししてしまう。

マツダ(本社技術)指定は、なんとマツダ純正ではなくカストロールの「エッジ FE CARS 5W-30」だ。キャプチャ2

カストロールによると、高温域の粘度は実質36くらいあるらしい。

100%化学合成でオイルシールちゃんによろしくない。

おまけに財布にも優しくない。

コスモ石油のオイルより少しいいらしい。(何がいいのやら論理的説明が無くさっぱりだが)

ちなみにマツダが説明書で指定している0W-20や5W-30(純正)では白煙をふくらしい。

(実際に白煙出ました)

基本的にターボが不具合を起こして白煙をふくことはない。

そこまで壊れていたらパワーも出なくて気づくはず。

エンジンが正常でターボも壊れていないのに白煙とは・・・設計不良かあ。

普通エンジンの負圧を引いてあるからオイルなんて漏れないぞ。

 

3:トランスミッション・トランスファ・リアデフのオイル

ギヤオイルは100%化学合成で決まりですよ。

寝てる間も油膜が落ちないので断然化学合成油。

レッドラインの100%化学合成油

頻繁に消費するようなフルードじゃないから、少々高くても大丈夫。

トランスファとリアデフには特にいいみたいで、おまけとして燃費も良くなる。

燃費にはリアデフがきく。

 

くるまって無駄遣いだな。

広告
カテゴリー:自動車 タグ: ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。