ホーム > 自動車, 仕事道具 > タイヤ空気圧モニター

タイヤ空気圧モニター

新しいサイトへ移動しています。

新しいサイトへ移動しています。

新しいサイトへ移動しています。

キャプチャ

これは台湾製のTPMSで、TYREDOGという商品です。

タイヤのバルブキャップ(空気を入れるところのふた)を取り替えるだけで、タイヤ空気圧と温度を測定できます。

数値は無線で送信され、車内の受信機に表示されます。

バルブに取り付けるセンサーは小型のリチウム電池で動作します。

1年くらいは電池交換不要で、受信機はシガーライターへ差し込むだけです。

 

同様の商品は多数販売されており、海外のガソリンスタンドなどで売られています。

日本からも通信販売で購入ができます。

 

また、輸入車によっては標準で組み込まれています。

高速走行する際にタイヤ空気圧がとても重要になりますから、170~190キロで巡航する事の多いヨーロッパ市場向けの車で見かけます。

ランフラットタイヤには必ず必要な物で、あのタイヤはパンクしても気づきにくいですから、それに気づかないと危険です。

ABSセンサーでパンクを検知するシステムが、売られている車のほぼ全てに装備されていますが、あれだと気づくまでに時間が掛かりますし、他の要因で検出されない事もあります。

 

今回、新しいDJデミオ用に、圧力表示を切り替えられる物を買いました。

見ての通り、馴染みのある単位です。

 

あれ?今日なんか変だなという時も、このモニターを見るとパンクしていないか分かるという物です。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。