ホーム > 自動車, 仕事道具 > マツダDEMIO(DJ)のルームミラーを自動防眩の物と取り替えてみた

マツダDEMIO(DJ)のルームミラーを自動防眩の物と取り替えてみた

新しいサイトへ移動しています。

新しいサイトへ移動しています。

新しいサイトへ移動しています。

SAMSUNG CAMERA PICTURES

どやっ!

SAMSUNG CAMERA PICTURES

どやっ!と言っても、自分で作業していないのですがね。

だって、デーラーの試乗車ですから、ぼくが分解するわけにいきません。

実際、赤外線センサーとかレインセンサーのカバーの爪折ってたし、自分でやらなくて良かった。

SAMSUNG CAMERA PICTURES

元からついてるやつに無い物(電源・ビデオ ケーブル)があり、少し取り付けづらいです。

ケーブルを根元でキュキュッと折り曲げると上手く取り付けできます。

いっそのこと、カバーの一部を切り取ってもいいでしょう。

どうせ見えません。

SAMSUNG CAMERA PICTURES

どうすか!….なんか首が短い…

SAMSUNG CAMERA PICTURES

これ、レインセンサーとかのカバーと干渉してんじゃね?

いや、ぼくのドライビングポジションでは大丈夫でした。

しかし、足の長い人だと、ミラーの背面とレインセンサーカバーが干渉するかも知れませんね。

そんなときはセンサーカバーを切り抜きましょう。

当たらないように。

SAMSUNG CAMERA PICTURES

右が標準装着品で、左がモニター内蔵自動防眩ミラー。

首の長さと、本体の厚みが違います。

まあいいや。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。