ホーム > ペーパーレス, Surface Pro 3, Tablet PC, 仕事道具 > Microsoft Tablet PCのコンセプト

Microsoft Tablet PCのコンセプト

新しいサイトへ移動しています。

新しいサイトへ移動しています。

新しいサイトへ移動しています。

Exif_JPEG_PICTURE

大好きなTablet PCですが、実のところ最近の物は気に入っていない。

タブレットPCとして優れていないからだ。

 

Microsoftは、Windows XPの頃にTablet Editionという物を販売していた。

それを搭載したTablet PCをhpや富士通が作って売っていた。

現在でも米国では一定のニーズがあり、特殊な物から一般的なTabletまで売られている。

 

当時、Microsoftが公開していた導入事例や、そのビデオにとても影響させられたのがぼくだ。

1

2

3

 

このビデオを見て、紙の代わりにコンピュータが使えるんだ!と衝撃を受けた。

4

 

しかも屋外で使えるので、現場での記録・データ送信が可能。

当時は富士通から反射型液晶を搭載したTablet PCが売られており、もちろんこれも購入した。

今も本棚に置いてある。

5

 

Tablet PCというのは、こんな使い方も出来ますよというコンセプトビデオに近い物だったけど、そのテクノロジーは既に販売されており、自分も購入できたというのが人生を踏み外した始まり。

6

 

これを見てドッキングステーションなる物を初めて買いました。

7

8

9

10

 

Tablet PCの神髄はここだと思うんです。

ここが、最近のTablet PCに欠けている。

 

冒頭のSurface Pro 3の写真を見てください、テカテカと光ったディスプレイでしょ。

書き味が良くないんです。

昔売られていたhp tc1100や、富士通 Stylisticは、ディスプレイ表面にこだわり、紙の書き心地に近づけようと努力していた。

現在売られているタブレットPCは、そのあたりがおおざっぱ。

「どうせ用品市場からフィルムが売り出されるよ」とでも考えているのかも知れませんが、実際のところ、満足なフィルムは市場にありません。

 

マイクロソフトには、この現状を受け止め、原点に戻って製品作りをしていただきたい。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。