ホーム > 自動車, 仕事道具 > デミオ(DJ)の乗り心地改善策について考える

デミオ(DJ)の乗り心地改善策について考える

新しいサイトへ移動しています。

新しいサイトへ移動しています。

新しいサイトへ移動しています。

 

現時点での考えは以下の通りです。
1:ノーマルが一番とは限らないが、185/65 15インチというタイヤサイズの6AT車は、ディーゼル・ガソリン問わず乗り心地が良いという事実。

2:サスペンションスプリングの交換は乗り心地という部分で絶対に悪い。

3:ダンパーの減衰力を操作できれば、乗り心地を求める上で、かなり自由度が出る。
(一方で、車内から操作できる物で無ければ、高速走行などで問題が起きるし、それだと費用が大きい)

4:バネ下重量を下げることにより乗り心地は改善する。


—————————————–

今後の計画・見通し

1:ぼくの車両はディーゼル6MT仕様ですので、軽いホイール・タイヤセットに変えるつもりです。
6AT仕様車よりもバネ上重量が50kgも軽いので、その分を吸収する為にも、バネ下重量を下げたいと考えています。
納品されてから、およそ30kgの装備を搭載しましたので、その分バネ上バネ下重量比が良くなっているはずです。
更に軽いホイールセットとし、ディーゼル6AT車のバネ上・バネ下重量比に近づけようという考えです。

2:軽いホイール・タイヤセットへ交換するにあたり、185/65 15インチのタイヤとするかもしれない。
「15インチにしたら全て解決するのかも知れない」という考えが常にあります。
15インチを借りてテスト走行をし、評価が良ければそれで解決という甘い考えに成り立っています。
実際には直進安定性や旋回挙動を含めた評価でボツとなるかもしえませんし、15インチ+他の対策を施すかも知れません。
いずれにしても、15インチでディーゼル6MTという組み合わせを使った事が無いので、これを試してみます。
不満の無い程度の走行性能で、乗り心地がディーゼルの16インチ6AT並になってくれると嬉しいのですが。

3:リアサスペンションへエアースプリングを取り付ける。
コイルスプリングへ内装するタイプの物です。
乱暴な言い方をしますと、疑似エアサスペンション。
取り付けられるかどうかはわかりません。
上手く取り付けられて、カタログ通りの機能を発揮してくれると悩みは全て解決します。
これが成功したら、タイヤ・ホイールは16インチの純正をそのまま使います。
—————————————–

実験予定ですが、以下の通りです。
1:16インチを装着して販売されたディーゼル6MT車へ15インチを装着したらどうだろう。
(デーラーからタイヤセットを借りる手はずを整えましたので週末に実施)
2:リアサスペンションにエアスプリングを取り付ける。
(実走行用ではなく設置可能かを評価する為の部品が到着済みで数週間以内にテスト開始)
—————————————–
考察
おそらくですが、メーカーは1.5ディーゼルの6AT仕様車を一生懸命に作っていると思うんです。
開発段階から売れ筋となり得る商品と見て、実際に一般へはこれが売れていますね。

車両重量を見ますと、1.5AT 1130kg・1.5MT 1080kg・1.3AT 1030kg です。
1.5ATに最適化されたサスペンションと言い切って見てみると、1.5MTで-50kg・1.3ATで-100kgもバネ上重量が少ないんです。
バネ上重量が軽いと言う事は相対的にバネ下重量が重くなる。
そうするとサスペンションは動きにくくなり、路面への追従性も悪くなりますし、上が軽いので車体が跳ねやすくなります。

まず、この溝を埋めるところから始めるのが良いだろうと考えます。

広告
  1. hatta masahiro
    2015年4月30日 18:31

    本当に詳しくご説明いただき、ありがとうございます。
    やはり、作り手のマツダさんが、一連の鼓動シリーズを売り込もうと、各モデルの対象となるユーザのことも考え一生懸命開発し、いろいろテストした結果のチョイスですので、それを安易な考えで変えてしまってはダメですよね。自分でも後悔しています。
    私は、そんなに山坂を攻め込むようなことは少なく、日頃のチョコ乗りと、たまの休みの
    高速クルージングが中心ですので、乗り方から標準仕様に戻したた方が良さそうですね。

    今回車を購入したきっかけは、現行のアクセラのデザインに惚れ込み、何度もレンタカーで借りたりして試乗し下結果、どれだけ何度乗っても、トヨタやホンダさんでは味わえない
    ドライビングプレジャーと所有感を味わえる車だなあと思い、これから先同じマツダの車を買うにしても、一番ベストなタイミングなんだろうなと判断し購入を決めました。

    しかしながら、いざ買うとなると、母親が共用して乗ることがある為、これがまずデミオ
    を候補のひとつに入れなければならない理由となりました。
    アクセラでは狭い車庫入れや細い路地での取り回しが身長150センチの母親には扱いに
    くい点、乗り降りが若干ですがしにくい点などです。
    自分としては、マツダさんのスカイアクティブ1,5Lのエンジンは本当に気持ちのよい、
    良くできたエンジンだと思っていますので、本当にアクセラが欲しかったのですが、
    最終的には、やはり家族への配慮には勝てず、同じ鼓動顔をして、気持ち良さも味わえ、
    使い勝手もよかろうとされるデミオに決めました。
    ここがだめですね。そんな全部取りの車はないですよね。

    ディーゼルに関しては、少しディーラーさんで試乗させてもらっただけですが、一般的
    に言われているような胸のすくような加速感なども味わえなかったことや、むしろ通常
    使いでのアクセルワークや車の挙動などのフィーリングはガソリン車の方が、自分には
    魅力に感じたので、選択種には入らなかったのです。
    ただ..ただ、1,3Lでは普通すぎるし、アクセラで味わった所有感に欠けたため、少しオプションでお金をつかい、少しでも所有感の増す仕様にしたくて、安易に仕様変更をしてしまい
    今回のようなことを招きました。
    話がかなりそれましたが、一度ホイールとタイヤを標準の元に戻してみます。

    それと余談ですが、このようなことも乗り心地に影響があるのではと思う点をあと少し。
    あの新開発のシートです。これも、いわゆる、低反発枕のような特性を持った素材のよう
    な気がして、こうしたコンパクトには向かないのではと。
    肌に伝わる車の振動などは、抑えられると思うのですが、大きなブッシュを踏んだ時や
    大きな減退を招くようなケースでは、ショックの吸収性という点ではふところが浅く、
    突き上げ感が身体にけっこう来るのでは?と感じています。
    自分は肩や首のコリを昔から持っており、これがまた首が疲れて、乗り心地の満足感に
    影響しております。
    あとは、あの中央のコンソールの出っ張りですね。
    私は、身長165センチですが、私ぐらいでなんとかギリギリ膝がおさまります。
    しかしながら、長時間運転していると、股関節がだるくなりますねえ。

    まあとにかく、あんなこんなで、乗り心地に関してのみ、今の所不満をだかえておりますが、あのデミオの開発されている方々の表情から感じられる人柄的なものと、熱心さを見ると、この車を長く愛車にしていきたいという気持ちになれます。
    ブログの写真などから、三重県の方でしょうか?
    わたしは、鈴鹿で商売をしている三重県出身の46になる中年です。
    またご相談したいこと、出た時はおねがいします。
    何せ専門知識がないくせに凝り性と、気になり屋さんでして。
    楽しく、興味深く、ブログ楽しませていただいております。
    読まさせていただきました、今後のホイールやタイヤセッティングのブログ、楽しみに
    待っています。
    本当にありがとうございました。

  2. 2015年5月1日 09:46

    正直なところ、デミオが採用しているリアのトーションビーム式サスペンションの限界点に居るのだと思います。
    もう少し重量があって、リアにも荷重のかかる車体でしたら、今のトーションビームでも、もう少しは良いレベルに持って行けるのかもしれません。

    このタイプのサスペンションは、ピッチングとローリングでホイールレートが異なります。
    スプリングを硬くした時に、旋回時の傾きに対する剛性とブレーキや加速時に起きる前後の傾き剛性(ピッチング)が同じにならないんです。

    この車の場合、高速カーブで安定するようにバネを硬くすると、前後方向(ピッチング)のホイールレートがとても高くなります。
    これにより、サスペンションの動きが悪くなり、ちょっとした段差で飛び上がる様になってしまいます。
    前後の重量差によるホイールレートの差を調整するためにスタビライザーを設置するわけですが、リアがトーションビームなので、フロントでしか調整できず、それほど有効に作用しません。

    跳ねない程度でしっかり旋回する様なバランス点を見つけて行くのが、技術者とテストドライバーの仕事ですが、この構造で理想点を見つけても、残念ながらアクセラほどの乗り心地は得られません。

    そこで、タイヤやシート、サスペンションのブッシングでもう一歩上に持って行くわけですが、この車はタイヤでとても表情を変えます。
    サスペンションにゆとりが無いので、そういった部分の影響がストレートに出るのかも知れません。
    例えばフロントダブルウィッシュボーン・リアマルチリンクのアテンザに、異なるサイズのタイヤを取り付けたり、空気圧を0.5k変化させたところで、ほとんど変化を感じません。
    とはいえ、16インチのホイールで乗りたいですよね。
    オプションカタログに16インチが載っているわけですし。

    三重県ですと、166号線を走ったとき、デミオとアクセラではものすごく差があるはずです。

    アクセラだと傷んだ舗装路や下りの急旋回でも安定しています。
    リアが独立懸架で傷んだ舗装路に対してスムーズな追従をし、旋回時はキャンバが適当に変化をし、加減速時はトーが変化して車を安定させます。
    他社の同クラスですと、リアがトーションビームが多く、良くてもストラットですが、アクセラはリアがマルチリンクサスペンションになっています。
    これだけでも相当にお買い得な物です。

    ただ、街中での使い勝手ですとデミオが良い。
    絶対的に小さいから、やっぱり便利ですし、座った時に膝の状態が家庭の椅子に近いので、乗り降りも楽です。

    それに、綺麗に舗装された路面だと、デミオの乗り心地はアクセラと違いを感じません。
    路面の傷んだところを走ったとき、ものすごく悪くなるだけです。
    これも1.3ガソリンのAT車では気になるほどではないと思います。

    加速ですが、正直言ってガソリン車の方が気分よく走れます。
    ディーゼルは30km/hくらいから90km/hまでの加速に優れますが、一番多い発進加速や交差点を徐行左折してからの加速はガソリンの方が絶対に良い。
    この様な場所がメインでしたら、ランニングコストも差が無いはずです。

    あと、シートですね。
    実は満足していないけれど、気に入っては居ます。
    振動の吸収に関しては、確かに優しく吸収してくれます。
    それ以上に、尻の形によく変形して馴染み、小さなシートですが包み込む感じが気に入っています。
    肩の辺りのサポートが全く無いので、これに関してはぼくも同じく疲れます。
    乗り降りしやすいのですが、もう少しサポートしてくれると肩が凝らないのですがね。
    センターコンソールも出っ張っていて邪魔だし、シートも含めて一日中仕事で走り回るには大不満なので、メーカーの人へ文句言っておきます。

    たぶん、言われているショックの吸収ですが、座面ではどうにもならないレベルの入力だと思います。
    おそらく助手席の人を見ていると尻が浮き上がるくらいに衝撃が来ているのだと。
    これはタイヤとサスペンションの特性上、仕方無い部分と考えられます。
    他の車だとそこまで衝撃が来ないだろうというギャップでも、大きな入力を受けますので。
    そのあたり、ぼくは明日タイヤを15インチの65に変えてみて、検証します。
    ディーゼル6MTとガソリン6ATの違いがありますが、基本的には同じ特性を示すでしょう。
    15インチへ戻すのでしたら、大阪のレイズが製造している軽いホイールを取り付けるのも、乗り心地の改善には有効だと考えられます。
    参考まで。

    ちなみに大阪府和泉市です。
    三重県へは月に何度も行っており、鈴鹿でしたら一升瓶 鈴鹿店へ2ヶ月に一度くらい行っています。
    都合の良いときにでも声がけくだされば、バネ強化したらこんなに乗ってられない硬い車になるんだというダメ見本みたいなぼくの車で行きますよ。

    では。

  3. hatta masahiro
    2015年6月2日 18:52

    こんばんは。先般は、詳しいご説明ありがとうございました。
    ブログにありました、対処法の一つに、バネ上重量を増やすことがありましたので、
    これはすぐ対応が取れるのではと思い試してみました。
    ホイルは、15インチに戻そうと思えばいつでも戻せるので、しばらく16インチのまま
    ためしてみようと。。
    本題ですが、助手席下部に50㎏相当の重量を積む、とのご提案を試してみました。
    それとタイア空気圧の調整です。
    まず重量の方ですが、50㎏となると、ホームセンターなどに足を運んでも、なかなか
    適度な大きさと形のものが見つからず、少しずつ重量を増やせる四角形の鉄板を積み上げる
    ことに。日頃、家では高音量の音楽が楽しめないため、将来的にフロントスピーカーやパワーアンプなどの増設をしたいと思っておりますので、その増設分を差っ引いて、まず25㎏
    分の鉄板を積み上げました。
    そして、タイヤはダンロップのルマン4ですが(ひょっとしてこれがミスチョイス?)
    フロント2,4、リア2,3に。
    あれから約1ヶ月、約1000キロの走行で感じ取れたことは、満足まではいかぬものの、
    すこしマイルドな乗り心地になりました。
    燃費は平均値がわかりませんが、約14,5キロぐらいです。
    タイアの空気圧が下げて平気なものかと疑問ですが、ガソリンスタンドのおじさんが、
    夏場は、走行していると空気圧が上がるといっておりましたので、まあ良いのかなと
    判断しました。
    若干、走行音にゾロゾロした感じを覚えるるような気がしますが、とにかく乗り心地は
    この程度の対策で良い方向に向きました。
    結局、車格ゆえに、構造上(サスペンション)そこまで細かく求めてはいけませんね。
    ちなみに、ダッシュボードエアコンルーバー付近のギリギリ異音も乗り出しから鳴って
    いたのですが、これも少しですが小さくなった気が..(笑)。
    また、ブログを拝見しながら、僕のような素人でも手を加えれることがあれば、
    やっていこうとおもいます。

  4. hatta masahiro
    2015年6月2日 18:59

    ごめんなさい。
    お礼を。内心、不満度満点だったのですが、半分に減りました。
    ありがとうございます。
    こうして自分で満足な車にしていくのもよいものですね。

  5. カズ
    2015年7月21日 11:00

    解かり易く書かれておられるので、興味深く読ませて頂きました。
    気になる事があります。最初に15インチが良いと言われていますが、考察に13AT等は
    バネ上が軽いため良くないと書かれています。
    どちらと思え良いでしょうか。
    私は、13Sの乗っております。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。