ホーム > 自動車, 仕事道具 > デミオ(DJ)の不満 エンジン・トランスミッション1

デミオ(DJ)の不満 エンジン・トランスミッション1

新しいサイトへ移動しています。

新しいサイトへ移動しています。

新しいサイトへ移動しています。

IMG_4780

少々のことはリッター40キロ走っちゃう低ランニングコストで気にしないこととしていますが、どうしても不満はあります。

 

燃費という一点を見れば、通勤で28キロ・高速道路で24キロ・郊外の国道で40キロという数字は大満足。

 

しかし、走行性能にはものすごく不満があります。

100キロまでの加速が遅いとかそんな馬鹿なことではなく、走り出し付近での使い勝手がよくない。

よくないと言うより、ほとんど欠陥に片足を突っ込んでいる様なものです。

 

ギヤを1速に入れ、エンジンはアイドル回転で走ります。

そのときの車速が9km/h。

2速では16km/hとなります。

 

高速道路でよくある渋滞で、前に続いて走る速度が4〜6km/hです。

これはつらい。

クラッチをちょっとつないでは離すという操作を続けなければなりません。

少し流れたらクラッチをつないで左足を休ませることができない。

 

また、この車はクラッチをつないでエンストしそうになると、自動でスロットルを調整し、加速します。

 

それはもう、ぐんぐん加速し。

 

渋滞以外ですと、職場内道路やショッピングセンターの駐車場がつらい。

15km/hくらいで滑らかに走らせたいのに、1速だと遅くて、2速だと速い。

仕方無く1速でスロットルを調節して走るのですが、これがまた酷く大きな減速比で、ちょっと右足が動くと車がガクガク。

 

アイドル回転が速すぎることと、1速のギヤ比が適切では無い事が原因ですが、これには仕方の無い事情があるのだと考えられます。

 

1速の変速比をこれより小さくすると、坂道で発進する出力が得られないのが理由だと考えられます。

ならば、せめてアイドル回転を遅く出来ないのかと考えるのですが、ぼくが想像できない事情があるのでしょう。

 

1速と2速の変速比についても、何か事情があるのかも知れません。

しかし、果てしなく使いづらい事実があります。

 

ファームウェアアップデートでどうにかならないものですかね。

広告
  1. コンビニ一途
    2015年6月10日 17:40

    表題とは内容がことなりますが、写真に写っている真っ赤なフロアマットに目がとまってしまいました!
    最近、demio特別仕様車やCXー3で赤い差し色が使用され、使用箇所によっては、好みが
    わかれると思うのですが、たまに気分を変えて敷き直し、ドライブを楽しむのも良い感じがしそうです。なんだか特別感がでそうです。
    マニュアル車は、免許を習得し2代目辺り、ファミリアXCとエチュードに乗り継いだ
    頃から乗っておりませんが、やはり遠くへのドライブ時、渋滞の時が辛いです。
    それと、つなぎ方が下手なのか、昔よくクラッチの滑りをまねかせました。
    そんな経験から、今はもっぱらそうした心配のないオートマばかりです。
    表題のお話しに戻ると、やはり乗り手側の満足感と、作り手側の様々な事情を踏まえ、
    その点をフィックスさせて、最終的に本当に良い車を作ることって、本当に難しいこと
    なのですね。裏クマさんのブログを拝見するようになり、すごくその点に関心が
    向くようになりました。一生のうち10台以上は買い換えない、それも趣味と実用性を
    兼ね備えた高価な買い物品として考えた時、こうしたことって、とても大切なポイントに
    なるようなきがします..。

    • 2015年6月11日 15:39

      こんにちは。赤のフロアマットは型紙を作り、それを専門業者へ送って作りました。全くその通りで、アイボリーの物と2種類を、気分によって敷き替えています。車というのは変わった商品で、道具としての機能と、嗜好品としての側面が複雑にからまっています。これは趣味という言葉で表されることもありますが、なかなかに複雑な物です。人を運ぶ高級車ならコンセプトはハッキリとしていますが、デミオのような車はセールスに使う物から個人用途までニーズが様々です。仰るとおり、様々な事情の上に成り立っている商材と言えます。そういった中で、今売られているデミオは個人用途での所有欲を満たすことのできる、超実用車という珍しい物なのではないでしょうか。実際、ぼくも現車一切見ずに本社敷地内を偽装して走っていた姿を見ただけで発注しましたし。実用車とはいえ高価な買い物ですし、気に入って買ったものなので、7年、8年と快適に使いつぶせれば良いなと考えています。

  2. しの。
    2015年6月17日 08:07

     初めまして。デミオではないですが私もMTのディーゼル車を二台乗り継いできて、ご指摘の扱い辛さは良く理解できます。過給効果を得られない坂道発進を考えると1速がうんと低くなってしまうのは高過給ダウンサイジングディーゼルの宿命ですが、デミオの場合はそれに加えてJC08モード(国交省によって定められた速度まで各ギヤで引っ張らなければならない)対策で2速をから上を欲張って高めすぎたのが扱い辛さに拍車をかけていると思います。

     アイドル回転数の件ですが、圧縮比が高く吸気絞りを行わないディーゼルはガソリンの様に低回転で滑らかに回転を続ける事が難しく、振動や耐エンスト性への背反があるのでリプロでアイドル回転数が下げられる可能性は低いと思います。。。

    • 2015年6月17日 08:42

      こんにちは。やっぱりモード燃費意識してるのでしょうね。マツダの場合、だいたいモード燃費より実燃費がすぐれているので、あまり意識しない商品作りをしてもらいたいのですが。ハードをいじる事は諦めて、せめてアイドル回転なんとかして欲しいものです。MT車ならもう少し余地があると考えられるのですが。DPF再生時との回転差が大きくなるので、別の部分が使いづらくなるかもしれませんが。

  3. j
    2015年11月16日 12:19

    いやいやディーゼルエンジンってそういうもの(特性)だから(笑)

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。